Blog&column
ブログ・コラム

相続の割合とは?

query_builder 2022/02/01
コラム
37
遺産相続をするにあたって、相続の方法によって相続割合が変わります。
そこで今回は、相続の割合について見ていきましょう。

▼相続割合を左右するのは相続の仕方
相続の割合を左右する主な要因は、相続の仕方です。

■相続の割合を変える2つの相続方法
相続の割合を変える主な要因は相続方法で、法定相続と分割協議による相続で変わってきます。
法定相続とは、民法で定められた法定相続人が、相続順に相続していく方法です。

■法定相続の割合
法定相続では、亡くなった方の配偶者が遺産の2分の1を相続し、残りを子で分け合うことになります。
子が数人いる場合、亡くなった方の2分の1の遺産を、人数分で割ったものが子の相続割合です。
2人なら4分の1ずつ、3人なら6分の1ずつですね。
法定相続は、不動産も含めた相続割合となるため、不動産を売却して現金にしてから、それぞれの割合に応じて相続する必要があります。

■分割協議の割合
分割協議による相続は、誰が何を相続するかを話し合って決め、遺産分割協議書を作成してから、それぞれが相続する方法です。
したがって、不動産をまとめて相続する人、現預金を主に相続する人といった具合に分かれますので、相続割合に偏りが出る場合があります。
ただ、その点はきちんと話し合って書面にしていることから、スムーズに相続できるのではないでしょうか。

▼まとめ
亡くなった方の遺産を相続するにあたっては、同じ法定相続人でも相続割合は異なります。
そのため、相続する可能性がある方は自分の相続割合を知っておくといいですね。
当事務所では、遺産相続に関するあらゆるご相談を承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 労働保険の申告について

    query_builder 2021/06/16
  • 個人事業主のメリットとデメリットについて

    query_builder 2022/06/01
  • 経営者に多い悩みにはどんなものがあるの

    query_builder 2022/05/15
  • 会社設立費用に悩んでいるなら税理士への相談がおすすめ

    query_builder 2022/05/01
  • 遺産相続トラブルとして多い事例について

    query_builder 2022/04/15

CATEGORY

ARCHIVE